Pramana

旅の編集ライター/インドの腸活サプリ「アロエヴェラ・タブレット」輸入販売しています。人生はまさに旅。どうぞよろしく。

Good Witches:う先輩へ愛を込めて

 誰の人生でも小学校辺りから数えればそりゃあもう大騒ぎさくらい、たくさんの出会いがあったと思う。けど心の奥底から「どうしてもつながっていたい」と感じることって、そんなにはない。この導入、まるでラブレターだな。

 

う先輩との出会いは22歳の頃、最初の会社の面接だった。新しい旅行情報誌の編集制作スタッフ募集が福岡であり、その課の男性マネージャー(Tさん)と庶務の女性(うさん)にお会いした。話の流れで適当にイラストが得意と言ったら、Tさんがじゃあ俺の似顔絵描いてよと言い、いいですよ〜と軽く描いた。全く似てなかった。

すると、うさん、綺麗な笑顔で「似てる〜」と微笑んだのだ。

(そっか、この人が言うなら似てるかもしれない。ポッ)となった私。男だったら惚れてたと思う。

 

似顔絵が功を奏し、私は無事その新しい編集部に入ることができた。他の新人メンバーも交え面接の話になった時、うさんがひとこと。

「あれ似てなかったよね〜!あっはは〜!」

Tさんご本人の「似てなかったな!」より(実際似てなかったし)、マジで衝撃だった。

 

同じ頃、人事部の女性に「ながたちゃん、大丈夫?」と声をかけられたことがあった。なんのことかと思ったら、うさんにいじめられてないか探りを入れられていたのだ。衝撃、再び。

 

綺麗な薔薇には棘がある、は本当だと思った。

結局うさんはいじめっ子ではなく、ほんの少し手厳しい先輩だった。それも仕事と会社への愛ゆえと、新人の私にもすぐ分かった。タイトスカートと茶目っ気あるいじわるがよく似合う美人で、言葉使いも字も綺麗だけど毒舌。すこぶる霊感が強く、多くの崇拝者がいた。部署は立ち上がったばかりで人数も少なく、女性は二人きり。これは仲良くしてもらわなければ、私この中で生きていけない。生きて、いけない……。

 

あれから25年。今も無事に仲良くしていただき、なんとか生きている(盛り過ぎ・笑)

 

うさんは私より先に編集部を辞め、紆余曲折波乱万丈あって、今は組織や人事育成に関わる研修講師、個人向けのコーチングなどをフリーランスでなさっている。信頼厚く、売れっ子だ。

私は編集部を辞めて上京し、色々あって今また福岡で暮らしている。東京でも、うさんが出張の時は連絡をもらってお会いでき、間があいても関係は続いた。

当時とても興味深かったのが、東京でも、福岡でも、大事なタイミングで会えることだった。忘れもしない離婚届を出すと決めた日もそう。品川のホテルにいたうさんをバタバタと訪ね、1時間ほど近況報告をし、すぐ大田区役所へ戻って届を提出した。会えたことでなんとなく安心できた。一粒万倍日で婚姻届を出す人が多いのよと区役所で言われ、略して書いた漢字を全部訂正させられたのも思い出深い。

 

うさんの神がかった存在感は、この頃から特に大きくなった気がする。いや、やっぱり最初からかもしれない。仲良くしないと生きていけないと思ったわけだし、ただつながっていたいとも思ったわけだし。そんな貴重な存在感。そしてこんな風に思っているのも、恐らく私だけではないのだ。

 

で、最近のう先輩。

コロナの影響で全国各地の研修予定の多くがキャンセルになり、時間に余裕があるらしいです。今なら個人セッション(スカイプなどでもOK)が予約しやすそうなので、興味があったらぜひお問い合わせを。しかもメニューに面白いものが加わるよう…

それはね、

 

占い!!!!!!!

 

知る人ぞ知るすごい霊感を、あるセオリーと組み合わせ、ついに本格稼働させるそう。あ、もしかしたら裏メニューかもしれない。私もモニターで見てもらったけど当たりすぎで大笑い! そして相性占いは、涙ものだった。

 

上の文章で「う先輩」の魅力が伝わったか分からないけど、もし興味が湧いたら申し込んでみてくださいね。 きっと良き方向に導いてくれると思いますよ!

 

www.cocorocom.jp

 

ちなみにこのホームページの素敵な写真、私が撮りました。

 

 

今年のことば

令和元年。今年もたくさんの人に会い、いろんな話を聞き、そして印象に残ったことばがありました。大晦日のこの日に、記録。

 

「人は人でないと治せないんだよ」

(byコイーダくん。不思議に効果的な健康体操?「もじもじ考」の福岡初回セミナーにて。彼の人柄を見た思いがし、いたく感動しました。その後、施術で痛い思いもした)

 

「思いを口から出すと、嘘になる」

(byオニョさん。「もじもじ考」後の食事会の時恋バナになった流れで。好きと言えない男子の心か。それから、心の中にあるもの全てを今ある言葉で表現し尽くせるなんて、ないと思うように)

 

「言葉は、発すると音楽になる」

(byうじP。忘年会にて。なんて素敵なやつ!)

 

「東京行ってたのがそんなに偉いのかよ!」

(by飲み屋で時々一緒になるボビーさん。淳太barで急に言われてびっくりした!ドラマか)

 

「振り返りはするが反省はしない」

(by私。たまにした方がいいかなと思うこともある)

 

「だって、人をハッピーにしたいじゃない」

(by佐賀駅の喫茶店コロンボ」のマスター岡さん。そう言いながら店のお客さまを見つめる目がやさしくて。最高でした!)

 

 

f:id:tomokonagata:20191231105549j:plain

この子は手に入れた念願の iPhoneで、何を綴るのでしょうか。
楽しみだね!



 

 

Good Witches:よもぎ蒸しとネッシン療法の露木さん

少し前にNetflixのドラマ『グッドウィッチ』にハマったせいもあったのか、昨日行ったサロンで「まさに東洋の魔女」と思わせる出会いがあり、インパクト大! だったので記しておきたいと思います。タイトルを複数形にしたのは、他にもグッドウィッチ!と思う女性たちがいるので追々書きたいという、ある意味心意気を込めて…

 

*******

 

季節の変わり目にひどい風邪を引きました。2週間も長引いて、一刻も早くこの前頭葉から喉までのモヤモヤと微熱感(36.7〜8度)を体から出し切りたい、ああ、蒸してデトックスしたい!と思っていたら、ひらりと手元に表れた…

 

f:id:tomokonagata:20190930215756j:plain

 

このカード。誰にどこでもらったのか定かじゃないけど(多分あの人? くらいのイメージはあるけど)、今この時出てきたってことは行けってことよと思いすぐさま予約。しかもこういう時、タイミング良く空いているものです。

 

こちらのサロンです。

yomogilasouche.com

 

よもぎ蒸し」は、本場の韓国旅行でも、いろいろなサロンに通った東京時代にもやったことがなく、「ネッシン療法」も初めて聞きました。福岡市西区のサロンで、店主の露木さんとご対面。スッとした女性で、嘘とか感覚で分かるタイプと勝手にお見受け。最初に出されたよもぎブレンドの自家製のお茶が、とにかく美味しかったです。

 

カウンセリングでは指を振りながら行う「フィンガーテスト」で、よもぎ蒸しに使うよもぎとハーブ、ご自身で作られている植物のチンキを選んでくれました。その様子が『グッドウィッチ』のキャシーを彷彿とさせ、、なんだかリアル東洋の魔女

 

そして、素っ裸になって頭と手だけ出せるサックを被り、よもぎ蒸しの椅子に座って蒸しタイム。「蒸し」なので汗かいてデトックスかと思っていたら、粘膜はとても吸収力の高い場所で体調に必要な成分を得られる、とのこと。それで、さまざまブレンドする訳です。面白い。

 

40分蒸されている間は足湯もして、さっきのよもぎのお茶+カウンセリング後にブレンドしてくれたハーブティもいただき、気づけば汗だく。いろんなものが、下腹部を伝って流れ落ちていくのが分かりました。

 

その間、よもぎ蒸しのこと、日本でも昔から腰湯があること(大根葉を入れるらしい)、サロン開店のこと、以前の関東でのこと、福岡に移り住んだ経緯などいろいろお聞きしました。しかしなんて素直な方。あたしゃ感心しました、本当に。

 

続いて、ネッシン療法です。簡単に言えば、先端の熱いペンで全身に線を書かれる、のですが、いつの間にか気持ちよくなる。熱いといっても別に平気なレベルで、ただ時々、熱! って場所があり、後でカウンセリングシートを見ると「そこ」赤丸されていました。

 

露木さん曰く、よもぎ蒸しでコリや詰まりの浅い部分を流し、ネッシン療法で深い部分を流していく。以前はよもぎ蒸しメインだったけど、ネッシン療法の効果を見るうちに両方体験していただけるようにしたと、熱心に語っていただきました。ネッシン療法なだけに。

 

全ての施術を終えて、「今流したところで中の気がふわふわしているけれど、時間が経つにつれ落ち着きます。変化を感じてください」と。その時点で気持ちよくて風邪のモヤモヤ感は軽くなった気がしたけど、明日また変わる、というのは「ほう、楽しみ」と思いました。

 

また、今日は何を食べたらいい? お酒飲んでも平気? と聞くと「考え事はしないで、ご自分が気持ちいいと感じる好きなことをして、好きなものを食べていいです。お酒も飲んでいいけど普段より酔いやすいかも」。好きなことしていい、っていうのは良いですよねぇ。多くの場合は、消化の良いものを、お酒は控えて、家でゆっくりして、かと。考え事は明日、ってのもまた良い。

 

サロンを出た後は、生の松原を少し散歩して元寇防塁なんか見たり、「想夫恋」で大好きな焼きそばを食べたり(笑)。最寄り駅に着いたらまた少し歩いて、スーパーで買い出しして帰ろうと思っていたのですが、「天神のイベントで、17時過ぎから無料でスガシカオが観れる!」のを思い出し、人のごった返す地下鉄天神駅で降りてみました。

 

するとはっきり、眉間の奥が重くなるのを感じました。我ながら分っかりやす! それを感じながらイベント会場へ行くと、ちょうど「スガシカオ登場」で、一曲目を少しだけ聞いて、帰宅。家でのんびりしているうちに、頭の重さは何処へやら〜。

 

そして今朝。

体温を測って見ると36.3度。ここ数日ずっと36.7〜8度だったんですよ。驚きました。

 

さらに。

ここ数ヶ月不調だった生理が、来た。これ、効いてるでしょう。

 

もともと感じやすい体質だし、もじもじ考とか直近で受けたものの影響も少ながらずあるかもしれないけど、面白い体験でした。これ読んでちょっとでも気になったら、体験してみませんか。おすすめ。

 

よもぎ蒸しとネッシン療法の「ラ・スーシュ」さん

yomogilasouche.com

 

 

 

 

ああ、ハワイ(2019年8月)

8月は4年ぶり7回目のハワイへ。宿泊が「ロイヤルハワイアン」&姪っ子さまのご意向のおかげで、ホテル内で長く過ごした旅でした。が、少しだけ出あったものを残しておこうと思います。

 

ホテル前のビーチから望む、ダイヤモンドヘッド。

f:id:tomokonagata:20190914154844j:plain

やっぱりこの風景は格別。気分が上がるし、見惚れます。

 

カラカウア通りで出会った犬を連れた彼。

f:id:tomokonagata:20190914154846j:plain

あら、ドラゴンボールポケモン! 自慢みたい。写真撮らせていただきました。

 

姪っ子さまのご意向で、アラモアナセンターへ。ユーチューバーが人気に火をつけたというレインボースクラブが、どうしても欲しかったらしいです。

f:id:tomokonagata:20190914154849j:plain

イスラエル死海の塩など、原料は全てオーガニックですって。とはいえ2本で80ドルですよ、奥さん。高すぎるでしょ。でも甘いオバは買いましたよ! そして1本持ち帰って、メルカリに出してみましたよ。…なかなか売れません!

 

f:id:tomokonagata:20190914154853j:plain

日本未上陸の「Bath and Body Works」、ここも人気なんですって! そんな話題を、姪っ子に教えてもらうようになったのかと、しみじみ。

 

アラモアナ1階のフードコート・マカイマーケットとスーパーのフードランドは重宝しました。アイスクリーム屋さんの男子のTシャツがまた可愛くて!

f:id:tomokonagata:20190914154856j:plain

可愛い〜といったら、彼が「キ●タマ」と…。ええ?! 金? っていってたら姪っ子が「銀魂」だよって。知らないと色々焦ることありますね。あー笑った。しかし海外に行くと、日本のアニメの影響力を目の当たりにしますね。

 

お世話になった西鉄旅行さんが現地のバスツアー「ホクレア」を付けてくださって、カイルアへは行きました。海好きの二人のために綺麗なビーチへと思っていたら、「行かなくていい」って言う…。なので、散策してショッピングするのみ。

 

カイルアの手作りのアクセサリーの店、レイナイアさん。

f:id:tomokonagata:20190914160249j:plain

アクセサリー可愛かったけど、FANONのバッグとTシャツを購入。

 

f:id:tomokonagata:20190914160245j:plain

バナナの帽子も気になりました。結構、長く使えるらしいですよ。

 

帰りのバスの車窓から。

f:id:tomokonagata:20190914160340j:plain

こんな人の少ないビーチも、行きたかったなぁ(涙)。

 

f:id:tomokonagata:20190914160358j:plain

KEIKI とはハワイ語で「子ども」のことです。

 

写真は撮ってないけどホノルルに暮らす二人の友人に会えて、それは今回の旅で嬉しいことでした。仕事の話、子どもの話、彼との関係…からハワイ暮らしを垣間見つつ、でも彼女たちが変わらず、自分らしくたくましく、「あっつー!」とか言いながら元気にしているのが、なんか良かった…。うん、良かったです。私もむりせず、やれることを頑張ろう、とか思ってしまった。ハワイの風のせいかもしれない。

 

Kちゃんが連れていってくれたパンケーキ店にて。

f:id:tomokonagata:20190914160414j:plain

これで、ホテルに居たいのに一緒に連れ出され泣きべそかいた姪っ子の機嫌がなおりました。

 

初めて行きました、ダウンタウンイオラニ宮殿f:id:tomokonagata:20190914160431j:plain

ハワイ王朝の歴史舞台です。

 

宮殿のメインホール(姪の斜め撮り)。

f:id:tomokonagata:20190914160446j:plain

王様への謁見、舞踏会、そして王朝最後のリリウオカラニ女王が裁判にかけられた場所でもある。

 

今フラのレッスンで、リリウオカラニ女王へ捧げられた曲を稽古しているところです。ので、ご挨拶に来ました。

f:id:tomokonagata:20190914160513j:plain

正直、難しいです。が、頑張っています。

来年の博多どんたくで踊りますから、見ていてください✨

 

 

良かったらこちらも。

www.aloha-street.com

 

ああ、ロイヤルハワイアン(2019年8月)

ああ、4年ぶりのハワイ。行くと謎に「やっぱり年に一回は来なきゃ」と思うのに、またご無沙汰してました。数えると人生で7回目。多くもなく、少なくもなく。

 

今回幸いなことに、ホテルは大好きな「ロイヤルハワイアン」。本館のヒストリックルームと迷いつつ、2015年にオープンしたマイラニ・タワーの部屋を予約しました。ラナイから、ワイキキビーチを眺めたかったから。

f:id:tomokonagata:20190914123740j:plain

来たよ〜!

  

f:id:tomokonagata:20190914123736j:plain

早速、海へ。波が強い、生きているみたい。『モアナと伝説の海』みたいだわぁ…なぁんてふんわり油断していたら、足を持っていかれちゃう。しかし姪っ子ときたらフライトの疲れはどこへやら、何度も何度も波に乗って遊んで元気すぎる。

 

f:id:tomokonagata:20190914124254j:plain

ピンクパレスの夕暮れ。

 

f:id:tomokonagata:20190914123744j:plain2日目は午前中にパラソルをキープ。時間貸しでなく、借りた時間から夕方17時までずっと使えるそう(40ドルくらい)。値段はするけどこれは良い。

 

f:id:tomokonagata:20190914124204j:plain

波に弄ばれる祖母と孫。超楽しそう。二人とも元気で何よりです。

 

f:id:tomokonagata:20190914124257j:plain

ここでちょっと宣伝をば(笑)。アロエヴェラ・タブレットは、もはや旅の友。たくさん食べても、食後に一粒飲んで寝ると、翌朝スッキリ出ます。おかげで旅行中もお腹にストレスがなく、快腸です。で、右はABCストアで購入したアロエマックス。ついアロエ製品に手が出ます。それにしても背景が絵のよう。美しい〜。。

 

f:id:tomokonagata:20190914124448j:plain

ホテルエントランス前の庭では、朝、ヨガをする人たちが。ホテルのプログラムみたい。

 

f:id:tomokonagata:20190914124455j:plain

マイラ二・タワー1階ラウンジでは朝と夕方、軽食が用意されていました。種類少なめだけど、朝は味噌汁があったのがツボでした。

 

f:id:tomokonagata:20190914124451j:plain

夕方はフリーで飲めるし。有り難や〜!

 

f:id:tomokonagata:20190914123749j:plain

朝、6時半ごろ。まだ静かな海。

 

f:id:tomokonagata:20190914124459j:plain

ホテル1階からの眺め。この芝生で月・木の夜に開かれるディナーショー「ロイヤルハワイアン ルアウ 〜アハ アイナ〜」を予約し損ねたのが心残り。というか次回に持ち越し。

 

f:id:tomokonagata:20190914124530j:plain

歴史を感じる、ハワイ諸島の地図。本館1階のエレベーター前にて。

 

f:id:tomokonagata:20190914124606j:plain

ロイヤルハワイアンの何が好きなんだろう、とふと思う。ノスタルジックな空間、ピンクのカラーリングの可愛らしさ、賑やかな場所のど真ん中にあるのに静か、花と緑……。文字にするとそんなところなんですが、なんだろう、違うな、空気かな。うん、空気だと思います。伝わらないなー(笑)。

 

f:id:tomokonagata:20190914124611j:plain

f:id:tomokonagata:20190914151839j:plain

またの機会を楽しみに。

 

 

 



 

 

 

 

 

ペトラ遺跡へ。4(2018年11月)

ランチの後は、高台にあるエド・ディルを目指します。修道院と呼ばれ、レストランを出てすぐ、800? 900? いや850? という岩山の階段を登っていきます。行って戻って来るまで2時間ほどとのこと。膝に注意の必要な母は、レストランのテラス席で休憩することにしました。

 

上りはロバでも行けます。急な階段で危ないため、帰りは歩きになります。

f:id:tomokonagata:20190704142310j:plain

ロバとも相性があるようで、乗り換える人もいました。まぁ生き物だもの。

 

ヒーヒー言いながら登る人間たちに、何を思うよヤギさんよ。見飽きてるかしら。

f:id:tomokonagata:20190704142314j:plain

 

ずっとこんな景色が続きます。日本であれば、木々が生い茂っている。

f:id:tomokonagata:20190704142316j:plain

 

途中の茶店で休憩。少し風邪気味だった現地ガイドさん(左の男性)、ツアー客を連れて月に何度も往復するんだよな、と思うと大変な仕事だな。

f:id:tomokonagata:20190704142320j:plain

 

ヒーヒーハーハー言いながら、やっと上りきりました。そしてエド・ディル!

f:id:tomokonagata:20190704142405j:plain

エル・カズネより大きく、修道院と言われれば、確かに祈りの場のような気もします。風を感じました。ここまで登ってきた甲斐は大いにありました。

 

ちょっと失礼して、中を。

f:id:tomokonagata:20190704142409j:plain

がらん…。後ろから「ちょっとどいてー!」と言われ、すぐ退散。

正面に茶店が。ここでしばらく休憩を、

f:id:tomokonagata:20190704142412j:plain

 

 と思ったけど、裏の方に人が歩いていくので、私も行ってみたら

f:id:tomokonagata:20190704142415j:plain

あら、THE BEST VIEW IN THE WORLD ↑ だそうです! 

 

その右手には、

f:id:tomokonagata:20190704142446j:plain

TOP OF THE WORLD が。どっちやねん。

 

最初に現れた方に登ってみました。短い動画ですが、気持ち良さが伝わりましたら幸いです!

“The best view in the world” らしいです。看板によると。ここまで登って、最高の気分でした。何かが吹っ切れたw #petra #worldheritage

 

THE BEST VIEW IN THE WORLD からのエド・ディル。偉大。

f:id:tomokonagata:20190704142513j:plain

 

広いペトラ遺跡、もと来た道を歩いて帰ります。

途中、劇場の前で歌うおじさんが。メキシカンのガイドさん? よかったら以下からどうぞ。 

世界中から人が集まる。#petra #worldheritage

 

ペトラ遺跡は、多くの人が「いつかは行きたい!」と思ってやってくる場所。文化や宗教の違ういろいろな国から来た人々がみんなニコニコと楽しんで、その雰囲気が一体を包んでいたよう。それが私にも伝わってきて…その時その場所にいられる喜びが、自分ごと以上に膨らみ、とても幸せな気分になりました。どの観光地にも共通することではないかもしれないけど、ペトラ遺跡ではそれを感じました。

 

シークを抜けて最後の坂を登って帰る、各国からやって来た人、人、人。日が傾いて…一日仕事でしたなぁ、ペトラ遺跡観光。

f:id:tomokonagata:20190704142533j:plain

来られてよかった、もう一度来てもいいくらい。

 

ホテルのエントランスにあるバーで、乾杯! うまし!

f:id:tomokonagata:20190704142544j:plain

 

夕食時にiPhoneの万歩計を見たら、27000歩超。

 

本当によく歩きましたね…

 

行けてよかった、思いついてすぐ行動できたのも幸運でした。

 

ただ一つ、行く前にこの記事を読んでおきたかったです。このおじさんに会ってみたかった!

natgeo.nikkeibp.co.jp

 

ペトラ遺跡へ。3(2018年11月)

 アーンの墓と呼ばれる遺跡は中に入ることができました。ガランとして何もなかったけど、中央奥は祭壇のようにも見えた。後にキリスト教の教会として使用された時代もあったそうです。

 

装飾が残っていないということは、いろいろな人々の出入りがあり、壊したり持ち去ったり。それだけこの地は人の行き交う場所だったのでしょう。単純に「良い悪い」ではなく、今この状態が自然なのだろうと思えました。

 

中から、外へ。本当にいろいろな国から来た、さまざまな観光客がいます。

f:id:tomokonagata:20190704142001j:plain

 

 入り口は岩肌がむき出しに。

f:id:tomokonagata:20190704142003j:plain

きれいだなと思ったら、 

 

そのかけらが…

f:id:tomokonagata:20190704142006j:plain

売られていました。人はいないんだけど、向こうでロバが店番のようにこっちを見ています。

 

おそらく石を拾っている、ベドウィンの親子。

f:id:tomokonagata:20190704142009j:plain

 

売り物のネックレスを握りしめ、ママが取ろうとしたら大泣きしちゃった。

f:id:tomokonagata:20190704142044j:plain

 

 ずいぶん風化してますが、ここも何かしらがあった、、

f:id:tomokonagata:20190704142048j:plain

 

本当に広いペトラ遺跡。「ラクダに乗ったらラクだ〜」、けど私たちはひたすら歩きました。

f:id:tomokonagata:20190704142051j:plain

 目の前でコロコロと、黒い丸いものを落とされ。母がすぐ「うさぎの仲間ね」と。

 

ナバテア人の街の跡。

f:id:tomokonagata:20190704142053j:plain

 

f:id:tomokonagata:20190704142133j:plain

目の前の砂漠の下は、おそらくこんな街だったのだろうと。ペトラ遺跡は外国の大学などの手により、まだまだ調査発掘中です。自国では難しい…とガイドさん。

 

悠久の石畳を歩く…

f:id:tomokonagata:20190704142137j:plain

 

謎のベドウィン人形…

f:id:tomokonagata:20190704142140j:plain

 

広い…

f:id:tomokonagata:20190704142201j:plain

 

やっとランチにありつけました。

f:id:tomokonagata:20190704142204j:plain

 

レストランはペトラ・ゲストハウスと同じ経営のようで、メニューが同じでした。野菜たっぷりだし、お米を食べられるのが嬉しい。

f:id:tomokonagata:20190704142207j:plain

 

食後は、小高い丘の上にあるエド・ディルを目指します。

 

続く。

tomokonagata.hatenablog.com