Pramana

旅の編集ライターで、インドの腸活サプリ「アロエヴェラ・タブレット」を輸入販売しています。人生はまさに旅。どうぞよろしく。

霧島のパワースポットへ(2018年7月)

霧島神宮へ。

f:id:tomokonagata:20190523192037j:plain

 

その裏手にある、山神社へ。

f:id:tomokonagata:20180910234511j:plain

 厳かな場所でした。

f:id:tomokonagata:20190523192659j:plain

ここは波動の高い場所、だそうです。が、私にはよく分からず。

 

時々、気持ちがいい〜! と感じる場所はあります。ただその時の気候とか誰と一緒いるかにもよる気がするんです。そのくらいの感覚で、いい気もします。

 

さらに車で、神々溝(かんがみぞ)という場所へ。ここは都城に入ります。パワスポ好きで霊感人間の義弟がズンズン先を行く。

f:id:tomokonagata:20190523193125j:plain

草やぶの中を進むと…

両側に岩の壁がそびえる、こんな道(?)に出ました。これが200mほど続くのですよ、ちょっと興味深いです。

f:id:tomokonagata:20190523193151j:plain

 

f:id:tomokonagata:20180910234514j:plain

陽が差してキラッキラ。

 

詳しくはこちらで。

cms.city.miyakonojo.miyazaki.jp

 

ここもある意味、霧島のパワースポット。「きりん商店」さんは一度取材させてもらったのですが、居心地が良くてものすごく予定オーバーした楽しい思い出があります。f:id:tomokonagata:20190523193438j:plain

お店のご夫婦がお二人ともに笑顔が超素敵で、霧島に行ったら必ず立ち寄りたい場所です。山の中なのにお客さんがひっきりなしにやって来るの。こういう場所こそ本当のパワースポットじゃないかと思う。

アイス抹茶をいただいて、買い物をして帰りました。

 

gurutabi.gnavi.co.jp

 

翌朝は古民家の宿「母の詩」から歩いていける「若尊鼻(わかみこばな)」へ。ここから磯の遊歩道を1kmほど歩くと神社があり、そこはヤマトタケル熊襲征伐の際に上陸した場所、とのこと。せっかくだから行ってみるか〜と、母と気楽〜な感じで行ってみました。

f:id:tomokonagata:20180910234626j:plain

で、結論から言いますと、それほど気楽な道ではない。途中写真もあまり撮れないほど、母と私はわりと一所懸命歩きました…。ビーサン慣れしていない人はスニーカーが良いです。

こちらの記事に、道中の写真があります。

gotrip.jp

釣り人、いました。

猫、死にかけたのが一匹いました。

そのほか、最も多かったのが

 

フナムシ………

 

小さいのから大きいのまで無数レベル。

 

ここは犬を散歩させて、先に行かせるのがいいそうです。ご参考まで。

 

そんなこんなでやっと到着。

f:id:tomokonagata:20180910234630j:plain

 

 こちらが祠です。

f:id:tomokonagata:20180910234634j:plain

こういった場所を祀る自然崇拝の感覚は面白いと思う。そして確かに、生き物のようでありました。

 

ここまで来たら景色も落ち着いて撮れます。桜島ーーー!

f:id:tomokonagata:20190523165507j:plain

 

f:id:tomokonagata:20190523165521j:plain

母と桜島。この眺めは格別でした!

 

そしてまた、フナムシの道を帰るよ…。