Pramana

旅のライターとインド産アロエべラのサプリ「アロエヴェラ・タブレット」を輸入販売しています。Pramana(プラマーナ)とはサンスクリット語で「知る手段」という意味です。

Pramana(プラマーナ)とは何か。

いちライターとして仕事をするには自分の名前で十分だったのですが、ネットショップを始めるにあたり、屋号の必要性が出てきました。

 

それをPRを生業とする友人に話すと、Pで始まる言葉は人に覚えてもらいやすい、とのこと。ポッキーしかり、プリッツしかり、プッチンプリンしかり。すごいねグリコ。

 

インドのものを扱うので、Pで始まる単語を、サンスクリット語から選ぶことにしました。で、ネットでサッと出てきたのがこちらのサイトで、私は、Pramanaに目をつけました。意味は「知る手段、情報源」。

 

sanskrit-vocabulary.blogspot.com

 

大学卒業後、情報誌を発行する会社に入り、いくつか転職をした後、インターネットメディアを運営する会社に入り、独立してライターになりました。ずっと「情報を出す」側に関わってきたので、あ、もう、これだな。しかも私、「知子」だし。とサクッと決めました。

 

ちょっとブログに残しとこうと思って、改めてプラマーナとは何かを再読。すると、身の引き締まる思いというか、「仕事」に対する覚悟を問われている気がするというか、ああ、これを選んで良かったなと思いました。

 

 

「プラマーナを使う人に利益をもたらさなくてはならない。(फलवत्त्वम्)

 
これは言葉(シャブダ)がプラマーナである時に必要な条件です。


わざわざ言葉を使って、聞き手に何かを伝えているのですから、

聞き手の役に立つ新しい情報を提供するものでなければなりません。」

 

おっしゃる通りで、それは私の仕事そのものです。

 

このサイトを記されている、Medha Michika さん。なんと今年、妹のヨガスタジオで、月に1回サンスクリット語の講師をなさっています。残すところあと2回です。

 

実は私、まだお会いしてないんですよねー。ご挨拶に行かないと!

 

Medha Michika先生のヴェーダーンタ初心者クラス | 福岡のヨガ教室マウントヒル | 地下鉄空港線・七隈線の天神駅から徒歩5分!