Pramana

旅のライターとインド産アロエヴェラのサプリ「アロエヴェラ・タブレット」を輸入販売しています。Pramana(プラマーナ)とはサンスクリット語で、「知る手段」という意味です。

アロエヴェラ・タブレットとの出会い。

アロエが体に良いというのは、多くの人がなんとなく知っていると思います。ロングセラーのヨーグルトもあるし、子どもの頃、家の庭や植木鉢にアロエがあって、火傷をした時、家の人が葉を切り取ってヌルっとした断面をぬってくれた…そんな思い出がある方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。日本でよく見かけるのはキダチアロエで、世界で500以上の種類があると言われています。

 

アロエヴェラ・タブレット」の主成分・アロエヴェラ( Aloe vera )は、アラビア半島北アフリカ辺りが原産と見られます。クレオパトラアレキサンダー大王が愛用していたという話が出るほど、古くから栽培されていたようです。ちなみにアロエヴェラの vera は、ラテン語で真実、という意味。

 

葉が長く、大きく、肉厚で、食用や化粧品にもなります。暖かく乾燥した地域で栽培され、日本では沖縄や鹿児島などで育てている農家さんもいらっしゃいます。「アロエヴェラ・タブレット」のアロエヴェラは、インド北西部ラジャスタン州の砂漠育ちです。

 

アロエヴェラ・タブレット」と出会うきっかけとなったのは、福岡でヨガ講師をする妹が、より深くヨガを学ぶためにインドへ通いはじめたことでした。ある高名な先生(グルジ)に弟子入りし、現地で剃髪もしました。

 

f:id:tomokonagata:20180708223402j:plain

 
そのとき一緒に弟子入りした男の子と仲良くなって家族ぐるみのお付き合いになり、当時まだ小さかった娘ともども自宅に泊めてもらうほどに。そしてその家のお父さん・アロラさんが、「アロエヴェラ・タブレット」を作っていたのです。
 
同じ頃、私はひどい便秘に悩まされていました。頭の先から足の先まで、全身アトピー性の水疱で覆われるという…とても辛い日々もありました。色々な策を試すもなかなか安定せず、「アロエヴェラ・タブレット」のサンプルをお土産にもらった当初も、1粒2粒でお腹が張って苦しくなり、その後飲むのを止めてしまいました。
 
ある時妹から、アロラさんが一度に4粒くらい飲んで良いと言っていた!と聞き(というか説得され、半ば強制的に)再挑戦しました。昼食後と夕食後(合計すると1日8粒)、2日ほど続けた結果、、、無事に、やっと、「開通」しました。我ながら、驚くほどの量でした。
 

出始めると面白いもので、出る癖がつきました。

ほどなくして1年中抱えていた肌荒れが、スーッと治りました。

お腹周りが薄くなり、痩せやすい体質に戻りました。

「なんとなくブルー」だった毎日が少しずつ晴れていき、するとあら不思議。いろいろなことが、加速し始めるんですね。詳細は省きますが、人生が変わりました。

 

そうして、アロラさんから日本で売ってほしいという話が妹の方にあり、ヨガスタジオの運営で手一杯だったため、「じゃあ、私が」と輸入もネット販売も、素人ながら始めることにしました。輸入できるようになるまで、実際にはすったもんだがありましたが、これも詳細は省きます(笑)。

 

そんなこんなで早2年、もっと多くの人に知っていただき、試してもらえたらと思って、ご希望の方にはサンプルをお送りしています。便秘のストレスは、意外と簡単に手放せますよ。

 

aloevera.theshop.jp