Pramana

旅行ライター/インドの砂漠で育つアロエヴェラのタブレット(デトックスサプリ)も販売しています。

ベトナムの世界遺産、ハロン湾クルーズにて

 「最高の海鮮ランチ」以外の写真もあげとかなくては。

 

 日帰りのハロン湾クルーズはこちらで。ほかも皆同じような形で、古くて、味わいのある船でした。こういう雰囲気、好きだなぁ

f:id:tomokonagata:20160301182250j:plain

 

ハロンは下竜と書き,ハノイの旧称タンロン (昇竜) に対している。

 コトバンクより。そうか、ハノイは昇竜か。わたくし20代後半の会社員時代、ほんとよく怒ってたので、「背中に昇り龍の彫り物が見える…」と先輩にからかわれました。懐かしい〜。ハノイもまた行かなくちゃ(笑)

f:id:tomokonagata:20160301182316j:plain

 

湾内には水上で暮らす人たちもいて、たぶんこの親子もそうでしょう。ボートの左に小さいおしりが二つ並んでいるの、分かります? めっちゃ可愛い。

f:id:tomokonagata:20160301182352j:plain

 

ボートの果物売りから、同じツアーのおじさまがみんなに買ってくれたレイシ(ライチ)。こういう粋なことをやってくれる“おじさま”がいると、場が和むんですよね。船のスタッフが包丁でさくっと切れ目をいれると、中から半透明の実がプルッ! 

f:id:tomokonagata:20160301182423j:plain

 

クルーズの途中で立ち寄る鍾乳洞、天宮洞。階段で97段上ります(母調べ)。小声で(ほんとうはあんな色じゃないよね…?)と母。ええ、照明ですよ。しかしカラフル。

f:id:tomokonagata:20160301182448j:plain

 

ハロン湾の見どころ奇岩のひとつ。闘鶏岩、といわれるけど、ガイドさんは雄鶏と雌鳥と言っていました。たしかに、仲良くキスしているようにも見えます。

f:id:tomokonagata:20160301182508j:plain

 

ランチ前、湾で取れるシャコやら牡蠣やらを売りに、船が近づいてきました。よく見ると…あれ、なんかイケメンがいるじゃん!

f:id:tomokonagata:20160301182533j:plain

 

ネタになるから写真撮らなくちゃ!(何のネタだw) iPhone片手に、撮らせて〜とお願いしたら、ひとり増えました。 ふたりともなんかお洒落ね。

f:id:tomokonagata:20160301182559j:plain

 

その後、じゃない方の彼がこちらのボートに乗って来て、自撮り。明るい若者でした。

f:id:tomokonagata:20160301182620j:plain

 

ベトナムって、若い人(高校生〜38歳)の人口が全体の四割を占めると、ガイドさんが言っていました。いいねぇ…。日本の漁業にもこういう若者がたくさん増えますように…そんなことまで思った、ハロン湾クルーズでした。